無垢材のベンチのことならお任せ!無垢材ベンチ通販ランキングnavi

HOME > 無垢材のベンチについて > 無垢材のベンチを配置するときのポイント

無垢材のベンチを配置するときのポイント

無垢材のベンチは、温かみのある雰囲気の木材が使われているものが多く、住宅の中や庭先などにぴったりのアイテムとして人気があります。
中でも、木目がハッキリとしている落ち着きのあるベンチを選びたい時には、様々な種類の家具が扱われている店舗に足を運ぶことで、お目当ての商品の特徴をじっくりと確認することが大事です。
無垢材の商品の耐久性の高さや設置方法は、木材の種類や樹齢などによって、大きな違いが出ることがあります。
そこで、希望通りの無垢材のベンチを手に入れるため、オーダー家具の取扱いを強化している店舗を探すことが効果的です。
とりわけ、リーズナブルな価格でオーダーを請け負ってくれる店舗に依頼をすることで、予算に配慮をしながら、インテリアにこだわることが可能です。
その他、住宅情報誌などに目を通しながら、トレンドの家具のメリットを調べることも有効です。



無垢材のベンチをベランダに出そう

いよいよ夏本番です。
絵ガンガン年々暑くなる日本の夏では、猛暑地に外でガンガン遊ぶ事は憚られる事も多いです。
夏の暑さもそうですし、それに照らされた滑り台などで滑ると、お尻が火傷してしまったりしますから、本当に気を付けなければなりません。
直射日光を遮る芝生の上で遊んだり、木陰で遊ぶなど、気を付けながら遊ばなければなりません。
大きなお庭があるお家なら、木陰で遊ぶ夏用のベンチなんかを購入してみるのも良いかも知れません。
広いベランダがあるお家でも良いでしょう。
プラスチックではなく、無垢材のナチュラルなベンチなら、汗を掻いたり、水遊びをした後などに直接座っても、サラッとしていてベタベタしませんから、暑い夏には快適です。
雨風で洗いざらしになっても、風合いが出てきます。
寝そべられるタイプのベンチも良いかも知れません。



無垢材のベンチはある意味でははがれない

家具は大きく突板と無垢材の2つの製造方法があります。
後者は完全に木材そのものを加工して作られた製造方法で、前者は表面に薄いシートを張り付けた合成製造方法となります。
その薄いシートは見た目は高級な木材を使用しているかのように見えています。
これを安い木材で加工した家具に張り付けることで、いかにも高級そうに見えるように仕上げています。
そのため突板の製造方法では安価に済ませることができます。
言い換えれば後者の無垢材の製造方法では価格も割高になります。
しかし突板の製造方法は表面にシートを張り付けてるために、製品によってはその薄いシートがはがれる可能性もあります。
そのため長年使用を前提にしていて、屋外使用のベンチなど耐久性が要求されるような家具の場合だと、無垢材での製造方法のほうが却って長持ちする場合もあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP