無垢材のベンチのことならお任せ!無垢材ベンチ通販ランキングnavi

HOME > 無垢材のベンチについて > 無垢材でできたベンチはどんな家具か

無垢材でできたベンチはどんな家具か

住まいの中には様々な家具がありますが、座る家具といえば椅子やソファになります。
それぞれに素材に違いがあったり、サイズも小さいものや大きいものがあります。
最近は椅子に無垢材を使っているものが多く、無垢というのはそのままの材質で作られています。
その為に値段が高く大量生産ができない家具で、フラッシュ構造を使うことで大量生産ができるようになっています。
フラッシュ製造とは中は木ではなく、外側だけを木のシートで包んでいる方法になります。
本物の無垢材は木そのものの温かみがあることや、使っていると味わいのある見た目に変わる魅力があります。
また座る家具には椅子やソファ以外にもベンチがあり、普通は公園など屋外で見る家具になります。
最近は住まいでもダイニング家具として人気で、二人で座ったり三人で座れるタイプなどがあります。



無垢材でできたベンチのメリット

ナチュラルカントリーという言葉がありますが、カフェや住まいのインテリアや家具でも人気です。
ナチュラルカントリー風な家具には、無垢材でできているベンチが使われたりします。
同じ座るタイプの家具には椅子もありますが、ベンチには椅子にはないメリットがあります。
まず一つで複数の人が座ることができることで、一つに二人や三人などが座れるようになっています。
一つの椅子に一人よりもコスパがよく、カフェなどのお店でも利用されていることも多いです。
また背もたれがあるものたないものがあり、どちらもゆったりとしていて楽に座れるのもメリットです。
このメリットがあることで住まいでも利用されていて、ダイニングキッチンの椅子として使われています。
特に小さな子供のいる家庭で人気があり、子供であれば余裕で三人くらいは座れるからです。



無垢材のベンチのデメリットや選び方

木の温もりのある家具は日本人に人気で、海外でも寒い国などで木製の家具は好まれています。
天然素材の無垢材で作られているベンチは、木そのものの素材を活かしているので味わいがあります。
しかし家具にはメリットもあればデメリットもあるので、デメリットに注意して選ぶのがポイントになります。
この無垢材のベンチは木でできているのでゆったりくつろげず、くつろぎたい家具であればソファがあります。
また選ぶ時にはすわり心地をポイントに選ぶことで、真ん中がへこんでいて丸みのあるラインがおすすめです。
座る部分がまっすぐなタイプになると、すぐにお尻が痛くなってしまいます。
そして大きいサイズになると動かすのが大変なので、住まいに置きたい場合は重さや大きさもポイントです。
テーブルよりも少し小さいサイズにするのがコツで、テーブルの下に納まるサイズがおすすめです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP